2018年03月30日

CLAN STYLE終了のお知らせ


818ca9049c1a584f5252d5a728d9fee6_s.jpg




いつもCLAN STYLEをご愛顧いただき、
誠にありがとうございます。

私たちは、事情により、
このCLAN STYLEにいったん区切りをつけることに相成りました

これまで情熱をかけて、様々な記事を作成してきた作成メンバー一同、
残念な気持ちと読者の皆さまには申し訳ない気持ちもありますが、
新たな出発と受け入れ、今後も邁進する所存です。


また、CLAN STYLEは終了となってしまいますが、当サイトの公開自体は継続いたします。
どうか、私たちのこれまでの軌跡を改めてお読みいただければ嬉しいです。

また、今後ブログも何らかの形で再開させていただくかも知れません。
その際にはどうかまたのお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。





最後になりますが、CLAN STYLEメンバー一同の感想を添えさせていただきます。
どうか併せてお読みいただけますと幸いです。









(Shin)
最初に僕がこのCLAN STYLEに携わり始めたのは、昨年2月。

元々文章を書くことが好きな僕を評価してくれた、クランの職員さんの勧めで記事を書かせてもらったことがきっかけでした。

それから約1年。

最初は挨拶と自己紹介を併せた文章から始まり、休日に出掛けたいろいろな街の話やそこでの印象深かった出来事、好きな食べ物の話題。

そして途中からはほぼ、今や僕のライフワークとも言えるワークアウト一色になってしまった訳ですが、皆さんこれまで楽しんでいただけましたでしょうか。

僕自身これまでこのCLAN STYLEで様々な記事を書いたことは、間違いなくとても実り多いものであり、自分の中で非常に良い経験になりました。

これからもこの経験を胸に、いろんなことにチャレンジしていきたい、またいつもいつも同じような話題ばかり投稿している僕の記事を、またその話か、と呆れながらも楽しんで読んで下さった読者の皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さん、これまで僕の記事ならびにCLAN STYLEをご愛読いただき、ありがとうございました!





(おっさん犬)
CLAN STYLEの運営開始からそっと関わり、
記事もそっと上げていた、おっさん犬。

記事数は少ないですが、
自分が全く知らなかったことを知ることができたり、
自分の思っている・考えていることをお話することができたりと、
毎回、楽しく書かせていただいていました。

それと同時に、表現することの難しさや、文章力の無さを感じ、
自分を考えるという点で、大きな転換点となりました。

ですので、ここでの経験を糧に違う場で、
表現できるようがんばりたいと思います。

最後に、何らかの形でまたお逢いできる機会があれば、嬉しいです。
その時は、ふっと軽く笑っていただけると本望です。

真面目モードのおっさん犬でした。
ありがとうございました。




(クドイ猫)
1年ちょっとのお付き合いでしたが、色々と記事を書かせて頂いて
面白かったです。また、今までブログを書くために培ったスキルなどは
色々と役に立つかも⁈ と思います。記事を書く下準備でも、
インターネットの調査だけで色々と分かることも
多いんだ、と改めて気付きました。
SEO対策も学べて結構勉強になりました。
さらに、現場に行かなければわからない情報については
そんなにインターネットの情報からはわからないもので、
現地取材の重要性についても肌で感じました。
アップ作業を主に担ってくれたギムレット氏にも、
感謝です。
1年ありがとうございました。




(スカイ)
いよいよ桜の咲く季節が訪れましたね。
この時期ですと卒業式を迎えられた方も多いのではないでしょうか?
私自身もクランに入所して早いもので1年5か月が経ちました。
CLAN STYLEチームの一員として、日々読者の皆さんに楽しんでもらえるようにと、福祉やトレンドなど、さまざまな内容のものを取り上げてきました。
入所当時の私は、記事の内容をうまくまとめることが出来ませんでしたが、チームの仲間たちに何度も助けられながら、現在のような記事が作成できるようになっていきました。
仲間の素晴らしさを学ぶことが出来た経験にもなったと思います。




(ギムレット)
ブログ業務に携わって良かったことは、さまざまな場所で、多くの方々と出逢えたことです。

取材を通じ、さまざまな機関の担当者の方とお話ししたり、当ブログの活動の一環でセミナー参加やイベント開催を行ったりなど、本当にアクティブに活動させていただきました。

福祉に対して同じような想いをもつ方々と、色々な意見交換ができてとても刺激になり、大変勉強になりました。

出逢いと人のつながりの機会をくださったCLAN STYLEには、本当に感謝です。

この4月から、私たちは次のステップへと進みます。
これまで経験しなかったような、出逢いや発見があるかも知れません。

しかし、これまで取り組んできたものや、今の想いを忘れることなく、新たなステージで頑張りたいと思っています。

そして、また戻って来る機会があれば、ひとまわり成長した私たちをご覧いただければと思います。

重ねて、皆さまありがとうございました。
また会う日まで。






今まで本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。



CLAN STYLEメンバー一同


posted by クラン at 16:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Debate Meeting at CLAN

図1.png
(Session@)






March 23, 2018. CLAN corporation held “First time, one coin social welfare debate, talk about the future for people with developmental disorders.”


Including staff members of welfare centers, business persons, people with disabilities, and their families, total 23 people participated in this meeting.



A cat who wrties prolix styles serves as the moderator and the coordinator greeted attendees and then this meeting started.
http://www.clanblog.net/article/454790216.html
In addition, we introduced messages to this debate from Ms. Mai who cooperated in our reports.

(mai様の取材ブログはこちら!)
http://www.clanblog.net/article/454790216.html

A program of this meeting is followings.

Presentation
 
“How will we make 'the present time' of children with developmental disorders being useful for their 'future'?”
 General incorporated association TETRA COCO tetra coco Anny teramachi
A Service Manager Katuyuki Umaba

“What is 'on disabilities' in all cases. How will we utilize and make a plus disabilities?”
Incorporated Nonprofit Organization CIL Toyonaka
A Support Stuff Member Taro Neya

“As a Mediator between people with disabilities and society ~Meanings and Problems which People with developmental disorders come in society”
CLAN Cooporation employment support canter CLAN
A Staff Member Tomokazu Takenaka
Questions and Answers, and Debate







図2.png
(SessionA)



Presentation−each opinion about developmental disorders


After a cat who wrties prolix styles greeted, presentations started.


“How will we make 'the present time' of children with developmental disorders being useful for their 'future'?”
 General incorporated association TETRA COCO tetra coco Anny teramachi
A Service Manager Katuyuki Umaba

TETRA coco offers services ''Individual Leaning Support' and 'Social Skill Training, Life Skill Training' for children with disabilities.


TETRA coco helps each of them grow up step by step by holding classes which teach the meanings of words and concepts of words, and helping their self-supports of elemental life activities such as bath, offering extra-curricular activities.


Mr. Umaba works as a service manager at TETRA coco.


He discovered big problems in the 'presentation time' in offering various support activities

Firstly, a lying problem is an accurate self-understanding in 'current place.'

After pasting time having 'a feeling of the almighty or being able to do nothing' without reason, many children lost self-confidence and say 'I'm no value.'


Also, there is problem that children today don't have no opportunity they think of their current condition and their future in easy stages because there are busy.


How should he develop 'current' children into their 'future'? Mr. Umaba said that 'now I struggle with this problem with trouble'.



Children have troubles concerning their future. Moreover, recently since many high schools have started to have particular fields, children who have only 'ambiguous future image have had disadvantages in present society.




How should he do for children to have their future and carrier images and arrive them? 'Our office wants to make proper ways for them, with them.' Mr. Umaba talked he thought about his office' vision and his vision itself.



“What is 'on disabilities' in all cases. How will we utilize and make a plus disabilities”
Incorporated Nonprofit Organization CIL Toyonaka
A Support Stuff Member Taro Neya



Mr. Neya has worked as a support staff member with developmental disorders himself.

He is much troubled by his characteristics.


'I can't continue to concentrate'
'I dip into his image world and can't escape from there'
'I can't remember contents of others talk instantly if I was requested my impressions'
'When I concentrate on something, I overlooked others'



He often has in such conditions when he worked and heard talks at meetings, Inmany cases, he was evaluated as 'he has no intentions or no interests to others' talks,' 'he has no interests in others,' so that he has always been in a sweat to modify himself before his diagnosis.




After his diagnosis, he convinced them as characteristics of his disabilities and accepted them. But, he wonders often 'really, is it good to only self-acceptance and self-judgment? Is their cause really disabilities?'



Having coflicts in him, but he said 'I find life worth living to encourage other people with disabilities.'

I want to experience various things and encounters as a person with disabilities, even if I conflicted with myself and others in many cases, I seek accepting myself by myself. Furthermore, at last, he said 'I tried rejecting myself to adopt me to my working environment inning the past, but from now on, I want to have courage to express myself honestly.'



Also, he talked his feelings and thinkings.


Brain is overworking rapidly and thinkings are not arranged---.
What differences are there between the world the non-disabled and the disabled---.


Like this, many participants had the impression, 'we could gain useful informationabout how the disabled feel' to his presentation about how he fell.




“As a Mediator between people with disabilities and society ~Meanings and Problems which People with developmental disorders come in society”
CLAN Cooporation employment support canter CLAN
A Staff Member Tomokazu Takenaka

Takenaka was diagnosed as developmental disorders when he was a graduate student, but now, work as a supporter for people with disabilities by supporting regular staffs and dealing with operational control.



Takenaka feels 'special meaning which developmental disorders participate' very useful as a theme for presentations. But, at the same time, both of society and we have problems to realize it too.


Especially, he said about 'two need principles for people who go out society' but he takes care about it while working.
 
@ What is things devote myself to ?​
A How do I utilize it in society and for others


Chance which Takenaka has thought of these two principles is experienced at hospitality industry at a bar.




Immediately after he was diagnosised as disabilities, he has not evaluated at all when he worked as a temple worker.


'The most important thing is to move not for yourself, but for the others.'



By taking bar master' advice and thinking of others, he could work well little by little. And he became evaluated at work. For it, he said that he has devoted himself to work happily. After that, he worked at the bar and endured the troubles which he had never experienced, since he loves alcools.



Since then, he met employment support industry and practice things he noticed at the bar. He feels a current job as a vocation and do his best to become a regular worker and an independent person.

Also, his future vision is to produce results and the goal is to start a business someday.


Finally, Takenaka said, 'I want to move up the career ladder for myself, but it is to act more for “the others.” I want to do the best to aim to make society in which developmental disorders are active no means inferior to non-disabled people.'


図3.png
(SessionB)




【Debat---What are thought of each participant to disabilities welfare?】

After the presentations, participants asked their questions to presntators, and then shifted the debate.


When the debate started, we set debate theme temporally. According to contents of questions and answers, we decided the theme.



'How do you think about the differences between the non-disabled and the disabled?' 'What do you change before diagnosis and after (for the disabled)?'


We thought out the theme as “What do we should for people with developmental disorders to live in society?” From these questions.



Some participants asked 'What is society?' Such as questions about the meaning of them.


'I can't see as the disabled (about two disabled presents).'


'Support models of oversea are different from model of Japan.'


'In Japan, definitions of words tend to be obscure about “developmental disorders” also. It is a factor which the disabled themselves and the others can't understand about these disorders. We should care for meanings of words more.



Like this, there are questions about the meanings of the theme, expectations and perspectives for the support industry hereafter, introduction of support models oversea, important things without concerning whether we have disabilities or not---etc.. Participants who said opinions and thoughts each other, and who have different opinions discussed, sharing diverse feelings.


The debate was extended by about ten minutes and ended.



All participants filled in the questionnaire and there were many honest opinions that provide us with useful information. Thank you very much for all participants.



Also, after ending this debate, many were in place and talked each other, it was the friendly atmosphere.



【Conclusion (Impression)】

We, CLAN, held this event as the first trial. Thank you for participating.


We talked from the perspectives of each and could share feelings.


The moderator did not do well, and missed time allocation, only same participants talked imbalancedly, etc., there were many reflection points, but honestly speaking, we, as operators, are relieved.


We owned on all cooperation of the participants. Thank you very much.



We missed variously also but we are happy if this debate was useful for all.



Also, we are pleased, if readers of this blog, feel the atmosphere of this debate by little.


We want to plan events more many people enjoy, by utilizing our reflections on this event and improving further if we had chances.


Then, we are looking forward to your participation.


*この記事は
日本語記事 
クラン開催討論会レポート! 〜発達障がいについて、皆で想いを語り合う〜

の英訳版です。
posted by クラン at 15:28| Comment(0) | CLAN STYLE ENGLISH VERSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

クラン開催討論会レポート! 〜発達障がいについて、皆で想いを語り合う〜


図1.png
(開催の様子@)




2018年3月23日。

合同会社CLAN主催で開催した
「第1回 ワンコイン福祉討論会 発達障がい者の未来を語ろう



福祉事業所の職員、企業の方、障がい当事者、当事者のご家族の方など、
合計23人の方にご参加いただきました。





会は、司会・コーディネーターを務めるCLAN STYLEメンバーのクドイ猫の挨拶よりスタート。

なお、以前CLAN STYLEの取材にもご協力いただいたmai様から、開催にあたってのメッセージもいただきました。



(mai様の取材ブログはこちら!)
http://www.clanblog.net/article/454790216.html





以降の会の進行は以下の通りです。

・発表者講演

 『発達障害を抱えた子ども達の、「未来」につながる「現在」をどう作るか』
 一般社団法人TETRA COCO テトラcocoアニー谷町 サービス管理責任者 馬場 克巳 氏


 『どこまでが「障害が原因」? いかに活かすか、プラスにするか』
 NPO法人CIL豊中 豊中市障害者自立支援センター 支援スタッフ 根箭 太郎 氏


 『社会と一般の間に立つ 〜発達障がい者の社会参画の意義と課題〜』
 合同会社CLAN 就労支援センタークラン スタッフ 竹中 友一 氏


・質疑応答、意見交換会










発表者講演――それぞれの発達障がいへの見解とは



クドイ猫の開会の言葉の後は、早速発表者による講演となりました。

ここより、それぞれの講演の要約をご紹介します。



図2.png
(開催の様子A)




(発表@)

『発達障害を抱えた子ども達の、
 「未来」につながる「現在」をどう作るか』


一般社団法人TETRA COCO
テトラcocoアニー谷町
サービス管理責任者 馬場 克巳


障がいのある子供に「個別学習支援」「ソーシャルスキルトレーニング・ライフスキルトレーニング」を提供しているテトラcoco。

言葉の意味・概念の基礎から教えるような授業を行ったり、またお風呂などといった基本的な生活力から身辺自立を促したり、課外活動を行ったりといった支援を通じて、それぞれのお子様の成長を一歩ずつ促しています



そんなテトラcocoでサービス管理責任者を務める馬場氏。
これまでの様々な支援活動の中から、「現在」の子供たちの大きな課題が見えたといいます。

まず横たわっている問題が、本人の「現在地」の正しい理解

「何ができて、何ができないのか」、根拠がないまま「万能感または何もできない感」をもちながら過ごしてしまい、最終的につまづいて「どうせ俺なんて」と自信喪失になってしまうお子様がかなり多いそうです。

また、現在の子供はとても忙しく、なかなか落ち着いて自分の現状や将来について考える機会がないことも、問題だといいます。



そんな「現在」の子供たちをどう「未来」につなげていきたいか
この問題について、馬場様は

「悩みながら取り組んでいるところ」

と語ります。



なかなか先のことが見えない子供たち。

しかも最近では高校進学時から専門分野に進む学校も増え、「ぼんやり」としか将来を考えていない子供たちには不利な社会になっています。



いかに、本人が早いうちに自身の未来や職業イメージをもち、何をすればそこにたどり着けるのか。

「事業所として、適正な進路を子供と一緒に作っていきたい」

と馬場様は事業所のビジョンと重ねながら、ご自身の想いを語られました。





(発表A)

『どこまでが「障害が原因」?
 いかに活かすか、プラスにするか』


NPO法人CIL豊中
豊中市障害者自立支援センター
支援スタッフ 根箭 (ねや) 太郎


豊中市の相談支援事業所で支援スタッフを務めながら、ご自身も発達障がいの当事者である根箭氏。

先ずは、特性が出たときの具体的な状況を説明していました。

脳が高速に回転している、急速にスタミナを使い果たす感じ――。

そんな特性ゆえに、しんどい場面があるようです。
たとえば、長時間の会議や講演などで話を聞いている時、

「集中力が持たない」
「聞いた話から連想した想像の世界に、すぐに入り込んでしまい、抜け出せなくなる」
「会議の内容をすぐに訊かれても、なかなか思い出せない」




また、周りを見ないと(周りに気を配らないと)いけない時、

「自分では周り、周りと意識しているけど見落としやすい」
「何かに集中した時点で他を見落とす」




このような現象が、頻繁に起こり、
「やる気が不十分」と思われないか?
また、「人に興味がない」と言われた経験もあり、

診断前は常に

「自分の問題。直さなければ……」

と焦っていたそうです。



診断を受けてからは、それらが障がいの特性であったと受け止められるようになりました。

それでも

 「果たして自己受容・自己判断」だけでいいのか?

 本当に障がいが原因なのか?
 

と迷うことも多々あるといいます。



しかし、このような迷いを抱えながらも、

「同じ障がいの人のために力になれる存在になることが、大きな生き甲斐」

と語る根箭氏。



当事者であるからこその体験や出会いを増やし、自他との葛藤を繰り返しながらも、自分を受容する道を探しています。そのことを踏まえ、

「業務環境に適応するため、自らの受容の拒否を課題としていた時期もあったが、これからは自分を正直に伝える勇気を持ちたい」

と話を締めくくりました。



発表を通じて、

“健常者”と“当事者”の見える世界にはどんな違いがあるのだろう――???

といった、当事者だからこその感覚に、参加者の方々から
「当事者がどう感じているのか、とても参考になった」
という感想が多数ありました。





(発表B)

『当事者と一般の間に立つ
 〜発達障がい者の社会参画の意義と課題〜』


合同会社CLAN
就労支援センタークラン
スタッフ 竹中 友一


大学院在学中に発達障がいと診断されながら、現在は当事者の方々のサポートを掲げ、弊社で職員の補佐や業務管理を行う立場として働いている竹中。



竹中は、今回の発表テーマである「発達障がい者の社会参画の意義」について、とても意味のあることだと感じています。しかし同時に、それを実現するためには、社会側・当事者側双方の課題もあると考えています。



特に、「社会に出るために必要な2つの原則」があると考え、自身もそのことを胸に留めながら仕事をしているそうです。



 @ 自分が打ち込めることは何か

 A 人や社会のためにそれをどう活かすのか




竹中がこの原則を胸に留めるようになったきっかけには、飲食系接客業の経験がありました。

障がいと診断された直後は、アルバイトをしてもまったく評価されませんでした。

まったく周囲に認められないことに思い悩んでいたある日、知り合ったバーのマスターに言われたことが、状況を変えるきっかけとなったそうです。



「目の前の人が何を望むのか、第一に考えて動け」



マスターの言葉に従い、人のためを考えることで、徐々にしっかり働くことができるようになり、職場での評価も上がっていきました。それに伴い、仕事も楽しく打ち込めるようになってきたといいます。



その後、そのバーで働くことになり、これまでにない困難が待ち受けていましたが、酒好きということもあり、何とか乗り越えていくことができました。



それから、就労支援という業界と出逢い、バーで得た気づきをより実践的に経験。

今の仕事を「天職」だと感じ、正規職員としてひとり立ちできる日に向け頑張っています

また、将来的なビジョンとして、今の業界で実績を積み、ゆくゆくは支援事業を自ら立ち上げることも目標にしています。



「キャリアアップは自分のためでもあるが、“人のため”の活動をより深めるためでもある。発達障がいの方々が遜色なく活動できる社会を目指し、これからも頑張っていきたい」

と、竹中は最後に想いを語りました。



図3.png
(開催の様子B)




意見交換会――参加者それぞれの障がい福祉に対する想いとは?



発表が終わると、参加者・発表者間での質疑応答が行われ、そこから意見交換会に移ります。



意見交換会の前に、暫定的にテーマを決定します。
その設定方法には、質疑応答の内容をもとに、テーマを決めるという方式がとられました。



「健常者と障がい者の違いについてどう考えているか?」

「(当事者に対して) 診断前と診断後で違いはあったか?」



といった質問内容を受け、

『発達障がいの人が社会で生きていくにはどうすればいいか?』

というテーマが定められました。



図4.png
(開催の様子B)




決定したテーマを受け、参加者の方々からは、

「そもそも社会とは何か」

「“発達障がい”の定義とは何か」

というような、テーマについての意味を問う質問や、今後の支援事業に対する期待と展望海外の支援モデルの紹介障がいの有無にかかわらず大切なこと――など、それぞれが互いの見解や考えを発表し合い、互いの意見がぶつかる場面もありながらも、それぞれの想いを共有することができました



予定時間を10分ほど延長して意見交換会は終了。



参加者の皆さまにアンケートにご記入いただき、今後の参考になる率直なご意見も多数いただきました。

本当にありがとうございました。



また、閉会後も会場に残り歓談する方も多くおられ、和やかな雰囲気で回は終了しました。









まとめ (感想)



クラン初の試みとして行った今回のイベント。
平日・夕方ごろ開催という微妙な時間帯でありながら、本当に多くの方にご参加いただきました。



会ではそれぞれの観点から語り合い、色々な想いを共有することができました。



進行が上手くいかず、時間配分が多少狂ってしまったり、参加者様の発言の比重が均等にならなかったりと、反省点も多々ありましたが、無事終えられたことは、運営側としては安堵しているというのも、正直なところであります。



皆さまのご協力があればこそです。本当にありがとうございました。

拙い部分もありましたが、参加者の皆さまにも実りのある会であったなら幸いです。



また、このブログをお読みの皆さまも、当日の雰囲気を少しでも感じていただけたなら嬉しいです。



またの機会があれば、今回の開催での反省点を糧に、さらなる改善を行ったうえで、より皆さまに喜んでいただけるイベントを企画したいと考えております。



その際には、またよろしくお願いいたします。



(※プライバシー保護のため、画像の一部を加工しています)

posted by クラン at 15:00| Comment(0) | CLAN流障がい福祉大特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ピザとパスタとたまごかけご飯の話。


bd1d318d8f8a0bd6ee4975f5aa96a2d3_s.jpg



ギムレットです。

唐突ですが、あなたはどんな料理が好きですか。

「中華料理が好き」
「キムチやビピンバとかの韓国料理がツボ」
「フランスのコース料理をゴージャスに食べるのがいいの〜」
「気軽に食べられるイタリアン!」
「意外に中東系や東南アジア系のエスニック料理にハマる」
「日本人ならやっぱり和食だろ!」


など、いろいろな意見があると思います。









ピザが好きなら――チーズだけじゃダメ!?



世界には数多の料理がありますが、ここで仮にあなたはピザが好きだとしましょう。
ピザのことをこよなく愛し、四六時中考えてしまうほど好きだとしましょう。



2518647e4adfe4f9747e6f24233fe9e4_s.jpg



中でも、チーズにこだわりがあるとしましょう。



定番のモッツァレラ――、
ゴーダ――、
チェダー――、
意外にミモレットやゴルゴンゾーラなど癖が強いのも合うかも――、



などと考えると、あなたの頭の中はチーズでいっぱいになってしまいます。
まるで、他のことが考えられないくらいに――。





けれど、少し待ってください。
チーズだけではピザは成り立ちません

生地となるパイやトマトソースや他のトッピングも大事です。
パイとトマトソースがなければ、ピザにはなり得ませんし、
トッピングが変わることで、マルゲリータにもシーフードにもミックスピザにもなります。

でも、チーズばかり考えていては、これらのことから目を背けがちになってしまいます。
それではよくはありません。



つまり、ここまでの結論は

「ピザを語るなら、チーズ以外の具材にも目を向けろ」

となります。








イタリアン好きなら……パスタも語れなきゃ!



しかし、ちょっと待ってください――、
そうなると、話はピザだけではありません。

「イタリアン」というくくりで考えると、
パスタもその代表格ではありませんか。



パスタだって奥が深い。
ペペロンチーノだってカルボナーラだってイカスミだってあります。



そして、あなたがピザをこよなく愛するように、パスタをこよなく愛する人もいるはずである――これは紛れもない事実でしょう。







たまごかけご飯だって立派な人類の食の歴史を担っている!




さて、そう考えると、イタリアン以外の料理も同じことです。
ステーキもラーメンも寿司も、たまごかけご飯だって、みんな良さがあり、またそれを愛でている人もいるはずなのです。



ff63840fb1c9c0d3afcaba10eba780d5_s.jpg



その事実を認めず、ピザのすばらしさばかり唱えていても、意味はありません。

ピザもパスタもたまごかけご飯も、すべて併せてかけがえのない人類の料理史を作り上げているのですから――。









まとめ




つまり、この話の結論は、
『ピザを愛でていたとしても、たまごかけご飯のことも認めてあげようよ』
ということですが、



要は多様性や広い世界に目を向けることが大切ですよ、というたとえ話でした。



分かりづらい……(^_^;)


posted by クラン at 15:14| Comment(0) | 福祉関連のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重度障がい者のお風呂事情〜訪問入浴〜


どうもどうも、車椅子歴20年以上のおっさん犬です。

(*´▽`*)ノ”ども!

今回は、重度身体障害者である私のお風呂事情について
お話したいなと思い、|д゚)チラッ顔を出しました。









私の障がいの状況



まず、私の障がいの状況を簡単にお話したいと思います。



障害者手帳に記載されている私の障害名は、



入浴1.png



両上下肢機能全廃



障害の等級は、1級です(*ノωノ)キャー

要するに、自分の意志で身体を動かすことができないということです。

足を動かすことができないのは、当然として、
背もたれに支えてもらえなければ座っていることすらできません。
さらに、指も動きません!



(`・∀・´)エッヘン!!

( `―´)ノ”自慢するとこじゃねぇし‼




茶番は無視してくださいm(__)mごめんなさい



とまぁ、これが私の障がいの状況です。
端的にいうと、ほとんどのことを自分でできないという感じです。





では、そんな状況の私が、
どのようにしてお風呂に入っていると思いますか?



…そうです。
誰かにお風呂に入れてもらいます。



今までは両親にお願いしていましたが
あることから、それができなくなってしまいました。

社会生活を営む上でお風呂は必須です。
そこで、常々考えていたことを実行に移したのです。





それは、訪問入浴。



(。´・ω・)エ?あることっていうのが気になる?
それは教えられない…秘密です(⋈◍>◡<◍)。✧♡


そこで、重度障がい者の訪問入浴というものを知らない人には、
どんなものか知ってもらいたく、また、私と同じように訪問入浴を
お願いしたいなと考えている人の参考になればと思い、
今回、私のお風呂事情をお話しようと考えたのです。



よろしくお願いします。





セントケアさん(´∀`*)ポッ



入浴2.png



私が訪問入浴をお願いしたのが…

セントケア西日本株式会社セントケア大阪さん。

お願いするに際し、必要となる準備を手伝ってくれて、
ありがとうございますm(__)m
その時は、本当に助かりました。



ということで、セントケアさんにお願いしたのですが、
訪問入浴ということで、お風呂に入る場所はもちろん家です。

家で、どのようにしてお風呂に入ると思いますか?

正直、初めての時は驚きの連続でした…。







お風呂〜〜〜ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪



家での訪問入浴…。

ということで、家の浴槽を使うのかなと思っていたところ…。



浴槽を持ってきます!



…( ゚д゚)…へ⁇
浴槽を持ってきてくれる!?



え〜〜〜〜!
あんなのを持ってきてくれるの!?

どうやって持ってきて…は車か…。
いやいやいや、そもそも、
家の中に入らないんじゃぁ…。

それも大丈夫。
とのことなので…ドキドキしながらも信じることに。



また、お風呂を沸かしておく必要があるのかと思いきや…。
水は使うが、沸かしておく必要はないとのこと…。

…どうやって沸かすのだろう…?

など、その他、頭の中に疑問符がいっぱいありましたが、
用意しておいてほしいと言っていた石鹸やシャンプー、
身体を洗うためのタオル、着替えを用意して、
ドキドキしながら((((;゚Д゚))))待っていました。



そして、ドキドキの当日。

看護師を含めた3人の方が来てくれました。

慣れた様子で、浴槽のセッティングを開始。

件の浴槽を見た瞬間…





(;゚Д゚)ふ、二つに分かれてる!



そう!



⊂ ⊃
↑こんな感じで、浴槽が二つに分かれていたんです!?



とびっくりしていると、
二つに分かれていた浴槽が繋ぎ合わされ、一つの浴槽に。
でも、繋ぎ目があるから…。
と思っていましたが、結論をいうと杞憂でした。
水が出てくるなんてありえませんでした。
ごめんなさい(/ω・\)



そして、浴槽の上部分に金属の棒を組み合わせて枠を作り、
そこにネットを取付け、私を乗せるための台が設置されました。

次に気になるのは、お湯をどうするのかです。
答えは、ボイラー。



つまり、
家の蛇口からホースで車に設置されているボイラーに繋ぎ、
そこから浴槽に繋ぐことで、水を温めてお湯にし、
ポンプで浴槽に送り、お湯を溜めたり、
シャワーとして使ったりするんです。


(゚Д゚;)す…すげ〜〜!!

これで、お風呂に入るための準備が完了しました。
この他にも、水しぶきが飛んだりして、
床が濡れないようにシートを引いたり、
交換用のタオルを準備したりしています。



つぎに必要なこと…。

そう!

服を脱がなければいけません。



しかし、おっさん犬…なにもできない駄犬なので、
お願いしないといけません。



なんと!それもしてくれるそう‼
(人’’▽`)ありがとう☆



しかし、服を脱がせてもらうためには、
車椅子からベッドに乗り換える必要があります。
それもしてくれる…!?
…平伏です。



私は色んなものを車椅子に取り付けているので、
それらをすべて取り外し、ベッドに私を寝かせてくれると、
体調が悪くないかどうか、体温、血圧などをみてくれます。



初回の時…心拍数と血圧がいつもより格段に高くて、
ドキドキしてるの…モロバレでした。
(/ω\)ハズカシイ





服を脱がせてもらい、いよいよ浴槽へ!

と、かっこよく言ってみましたが、おっさん犬です。
浴槽まで連れて行ってもらわないと…|ω・`)ゴメンネ



来てくれた3人のうち、二人で私を抱え上げ、
浴槽に取り付けたネットに乗せてくれました。
そして、頭を洗ってくれて、いよいよお湯に浸かります。

浴槽の上に組んでくれた金属の枠組みと私を乗せるネット…。
それには、取っ手が取り付けられていて、それを回すと、
ゆっくりと私を乗せたところが沈み込み、
身体がお湯の中に…。

当然、逆に回せば、お湯から上がります。



いつもシャワーだけだったので、
十数年ぶりの湯船。

胸から下の感覚がないとはいえ、
その気持ち良さは筆舌し難いですが、
あえて言うとするならば、「極楽♡」。

湯船に浸かる気持ち良さは、ε-(´∀`*)フー
10数年経っても変わらないものなのですね。



そして、身体も洗ってくれて、さっぱりしたところで、
最後にシャワーで身体を流し、軽く身体を拭いて、
ベッドに戻してもらいます。

ベッドで身体を拭いてくれるのですが、
この身体を拭くタオルも用意してくれていて、
すごく助かります。

ここから服を着せてもらうのですが、
私は膀胱瘻(ぼうこうろう)があるので、
それに必要な処置をしなければなりません。

ちなみに、膀胱瘻というのは、
膀胱に直接、管を通して尿を排出するというものです。
手術した時に付けるバルーン。
あれを常時付けていると思ってもらえれば良いと思います。

管を通しているところを消毒し、そこを保護するために
ガーゼを貼り、服を着せてくれて終了。

…ではなく、最後に、
体調の変化があったかどうか確認するため、
体温、血圧などを測ります。

この処置や着替え、体調変化の確認などをしている間に、
浴槽・シートなどの片付けをしてくれています。

ちなみに、一定上溜まったお水ははその都度、
お風呂後のお水はこの時に排水します。
排水は逆にポンプを使い、家の浴室などに排水します。



そして、私を車椅子に乗せてくれて、訪問入浴の終了です。









ってな感じで



細かな部分を省き、訪問入浴の初回入浴時の流れをご紹介しました。

あることをきっかけに、訪問入浴をお願いしましたが、
お願いしてよかったと思っています。

湯船に浸かることができるという点もありますが、
両親の苦労を少なくすことができたからです。

なので、この両点を同時に得られる訪問入浴。
本当に嬉しいサービスです。


私の訪問入浴の一連の流れは、初回からほぼ変わっていません。

ですので、この記事を読んでもらって、
「そんな感じなんだ」や、「なるほど」と思っていただいたり、
訪問入浴の考慮資料の一つにしたりしていただければ、
(*´▽`*)嬉しいです。


最後に、セントケアさん。
いつもお風呂に入れてくれて、(人’’▽`)ありがとう☆
また、よろしくお願いしますm(__)m


セントケアさんが気になった方は、⇓こちらからどうぞ。
https://www.saint-care.com/

セントケアさんの訪問入浴は、⇓こちらからどうぞ。
https://www.saint-care.com/service/visit_bathing/


posted by クラン at 15:00| Comment(0) | 福祉関連のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする